セルライトを予防する方法って?

Q:質問

今はまだ気にならない程度のセルライトを、これ以上ひどくならないようにしたいです。
どうすれば予防ができるでしょうか。

A:答え

予防法として挙げられるものを羅列します。

  • 血行を良くする
  • マッサージ
  • 程よい筋肉運動

解説

血行を良くする

血行を良くするために、入浴時間を長めに設定したり、冷え対策にサプリメントやハーブを効率よく使うことも効果的です。
また、生姜や長ネギなどの体を温めるような食品をとることもいいでしょう。

マッサージ

マッサージを行うことによって、リンパの流れを改善し、血流を促し、老廃物をため込まない体にします。
セルライトによく効くマッサージのグッズも市販されいるので、使用するのもいい手段です。

程よい筋肉運動

筋肉は脂肪を燃焼させる大きな役割を持っています。
デスクワークでもすわり仕事や、逆に立ちっぱなしの仕事をしている人は水分が下半身にたまりやすいため、適度な筋肉をつけないと老廃物がどんどんたまってしまいます。
ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を心がけると筋力もつき、セルライト予防にもつながります。

セルライト除去のリスクは?

Q:質問

セルライト除去はリスクを負うものなのでしょうか。
なんとなく不安で施術を受けることに踏み出せません。

A:答え

一度に大量の脂肪を取り去ってしまうのは大変危険なことです。
適度な量の脂肪組織は人体にとって必要であり、生命を維持する上で不可欠な組織です。
不安を増殖させる手術の失敗の例は、未熟な医師やカウンセリングを怠ったからです。
しかし、多少のリスクを覚悟してください。

  • 痛みを伴う
  • 麻酔に伴うリスク
  • 表面の凹凸や内出血、むくみ、たるみ
  • 感染症

解説

痛みを伴うリスク

治療内容や施術方法、個人差もありますが、手術を必要とする脂肪吸引は痛みを伴います
小さな傷跡が残る場合もあります。
圧迫による不快感も痛みとして感じるかもしれません。

麻酔に伴うリスク

一般の手術と同様に麻酔に伴うリスクは存在します。
麻酔の種類は、硬膜外麻酔、静脈麻酔、全身麻酔、局所麻酔といったように、範囲や患者の体質、施術方法によって異なります。

表面の凹凸や内出血、むくみ、たるみ

施術の後にしばらくは感じる副作用です。
クリニックのアフターケアアで軽減できるものもあります。
内出血も時間の経過とともに減少する症状です。

感染症のリスク

一般の手術にも常に感染症のリスクは伴います。
手術する際に感染症にかかるリスクはゼロとは言い切れません。

セルライト解消グッズを使いましょう

ドラッグストアやコスメティックストアではたくさんのセルライト解消グッズが市販されています。
その中から、効果があるとされるグッズを3つ紹介します。
セルライトマッサージ器、ホームエステ美容器、ローラーです。

マッサージ器

セルライト除去を効率的に行う家庭用の機器やアイテムはたくさん販売されています。
マッサージ器には、単に皮膚に刺激を与えるだけではなく、吸い上げ、つまむような機能もあります。
素人のハンドマッサージより効果が期待できます。

ホームエステ美容器

家庭で手軽にエステの施術に近いセルライトケアができる機器です。
超音波を使った機器では、肌の奥深くまで振動を与えることができます。
ハンドマッサージでは難しい効果も期待できます。
じっくりと温めながらできる点も効果的だといえます。

ローラー

基本的には、皮膚の表面を転がしながら代謝を促し、脂肪を燃やすための道具です。
方面に効果の期待できる金属を塗ったものや、脂肪をはさみながらころがせる形状のものなど、様々なタイプが売られています。

再発の可能性はあるか?

Q:質問

エステやクリニックでのセルライト除去を考えています。
再発するのでしょうか。
また、再発を予防する方法はありますか。

A:答え

セルライトに限定したことではありませんが、適度な運動とバランスのとれた食事をとり健やかな生活を送ることが、一番の再発予防策です。
クリニックの脂肪吸引をすれば、一度除去した細胞が増えることはないために再発しません。
また、脂肪吸引以外にもメスを使わないローラーを使った身体をもみほぐし代謝を上げる機械もあります。

解説

脂肪吸引は再発しない

再発予防には、クリニックでのセルライト除去はエステよりも効果的だといえます。
ダイエットでは脂肪細胞の数を減らすことはできないため、リバウンドが起こります。
しかし、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを吸引するため、一度除去した細胞が増えることはありません

脂肪層に直接働きかける

クリニックでは、エンダモロジーやサーマクールといった機械を使用して効果を出す治療もおこなっています。
エンダモロジーは脂肪層に直接働きかけるローラーによって体をもみほぐし代謝を上げる機械です。
それらを用いることにより皮膚を引き締めむくみやたるみを予防していきます。
セルライトの再発予防のために、これらのメスを使わないクリニックでも施術を取り入れていくことも効果があるでしょう。

セルライトを自分で落とすことは可能か?

Q:質問

人前で肌をさらすことが恥ずかしいです。
何とか自分で解決したいが、費用はあまりかからないように自分でセルライトを除去することはできるでしょうか。

A:答え

自分でセルライトを軽減させるにはいくつかの方法があります。
栄養の偏りがない食生活を心がけましょう。
毎日規則正しいリズムで生活しましょう。
適度な筋肉トレーニングを行いましょう。
代謝を上げるために時間をかけて入浴しましょう。
冷え予防のためにハーブやサプリメントを積極的に取り入れましょう。
とにかく脂肪が燃える体作りを目指しましょう。
そして、新たなセルライトを作らないように脂肪分をため込まないようにしましょう。

解説

長い時間継続しましょう

一度できてしまったセルライトを取り除くことは、なかなか簡単にはいかないことを心得ておきましょう。
できてしまったセルライトに最も効果があるのはマッサージです。
毎日自分で食事管理をしてマッサージも行うことは、大変な労力と気力が必要です。
しかし、効果を出すとなるとやはり長い間継続することが大切です。

お試し価格やキャンペーンの利用

労力と気力を使わずにセルライトを解消することを考えれば、エステやクリニックといったプロの力に頼るのも1つの方法です。
お試し価格やキャンペーンなどを利用したり、安い価格設定の店舗を探せば、費用が抑えられるでしょう。
もしかしたら、自宅でセルライト解消器具を購入したり、サプリメントを使うよりも費用がかからないかもしれません。

ダウンタイムはどれくらい必要か?

Q:質問

セルライトの除去の施術を考えていますが、ダウンタイムはどのくらい必要でしょうか。
仕事にすぐに復帰したいと考えています。

A:答え

セルライト除去のための脂肪吸引後は腫れやむくみが残ったり、内出血や筋肉痛のような痛みが出たりすることがあります。
ダウンタイムの期間は、施術の方法や部分、範囲によって異なります。
また、医師の技術力の差でも異なるので一概に期間を明言することはできません。

解説

ダウンタイムを短くするには?

圧迫する方法

ダウンタイムを短くするために術後は包帯で、翌日からはストッキングのようなもので圧迫をしていきます。
圧迫することで、腫れや痛みを和らげてむくみをとる効果をもたらします。
医師から指示された圧迫時間を守るようにしましょう。

ボディジェットという方法

ボディジェットは短いダウンタイムで済む施術方法です。
ボディジェットは、水流の力で脂肪細胞を周辺組織から分離させて脂肪球威を行う方法です。
少ない吸引力で脂肪吸引をすることができるので、患者の体に負担をかけず従来の手術よりも早く回復することができます。
狭い範囲の脂肪吸引なら、腫れや痛みも少ないでしょう。
施術時間も1部位あたり約1時間弱です。

ダウンタイムとは?

セルライト除去に限らず、施術の後、普段の生活を送れるようになるまで回復する時間のことをダウンタイムといいます。
デスクワークのような仕事なら翌日から仕事に復帰することも可能でしょう。
ただし、激しい運動は避けましょう。

妊娠・出産に影響はないか?

Q:質問

7-1.妊婦お腹まわりとヒップのセルライト除去を考えています。
将来的に、妊娠出産をするとして悪影響が出ないか心配です。

A:答え

妊娠・出産に関係のある子宮や卵巣を傷つけることはないので、悪影響の心配はありません。
安心してください。

解説

セルライトが問題になる時期は?

セルライトが問題になるのは妊娠・出産・授乳を終えた女性に多いです。
妊娠中は胎児の成長と出産後の体力を備えるために、だれでも太ることは当たり前です。
出産・授乳期も体力を使うので無理なダイエットは禁物です。
妊娠・出産・授乳は体力と気力を使う大変な時期で、ば箪笥の取れた運動などはできませんし、ホルモンバランスも崩れやすくなっています。
そうしたことが原因となって、妊娠中に大きくなった脂肪の周りに老廃物が溜まりやすくなります。
やがて脂肪と老廃物が絡まりあい、セルライトになることが多いのです。
妊娠・出産・授乳を終えた直後のセルライトに注意しましょう。

よく相談をしましょう

セルライトの除去の方法は、マッサージレベルから機械を使用して脂肪吸引するものまで様々です。
自分にとって最も安心できる方法をカウンセラーや医師とよく相談して決めるのがいいのではないでしょうか。>

男性でもセルライトはできるのか?

Q:質問

男性の腹男性でもセルライトは付くのでしょうか。
また、男でも通えるセルライト除去のエステやクリニックはありますか。

A:答え

筋肉量の多い男性の体は、もともとセルライトは付きにくいものです。
しかし、筋肉が落ちて代謝が悪くなれば、男性でも女性同様にセルライトはついてしまいます。

解説

男性にセルライトがつく理由

女性よりも外食する機会が多い男性は栄養も偏りがちです。
デスクワーク中心で、運動がなかなかできないという男性もいるのではないでしょうか。
こういった太りやすい現象は、中年男性に限ったことではありません。
若い男性の中でも、ストレスによる過食が原因で皮下脂肪がついやすい体になるかもしれません。
また、太りやすい遺伝子を持っている人もいるでしょう。
脂肪がつく原因があると、同時にセルライトを付ける原因にもなります。

男性専用サロン

男性専用サロンは、女性のサロンとは一線を画した存在です。
男性スタッフをそろえたり、駅に近い店舗など男性が通いやすい工夫があれているところもあります。
セルライトをとる専門コースが設定されているところもあります。
男性は女性に比べると、筋肉がつきやすいので効果が表れるのが早いとみられています。
楽しく続けてセルライトを燃焼する工夫をしましょう。

クリニック選びで失敗しないために~訪問編~

セルライト除去を依頼する場合、クリニックや店舗などの場所選びは重要な要素となります。
場所選びに失敗した挙句に、高額な治療費とともに、体に消えない傷が残っては大変です。
体験コース、医師との面談の2つ視点から、最適な治療をしてくれるところを選びましょう。

無料、又は格安体験コースで潜入捜査

広告、口コミ、電話問い合わせなどの事前のチェックを終えて、ほとんど店舗を絞り込んだ状態で体験コースに臨みましょう。
事前のチェックではわからなかった店の雰囲気や衛生状態、使用している機器などについても積極的に聞きましょう。

候補から外していい店舗

  • スタッフやドクターの対応が悪い
  • 勧誘があまりにしつこい

体験コースは、店舗側にとっては今後のリピーター確保の足掛かりです。
その為ある程度の勧誘があることは仕方がないでしょう。
しかし、あまりしつこい場合には、長い目で見て、候補から外したほうがいいのではないでしょうか。

体験施術後の面談

体験コースを受けた後に時間をもらい、不安に思っていることをとことん聞いてみましょう
実際に施術を担当してくれる医師に会えればいいのですが、会えなくても所属医師にあって話を聞いたり、担当医の実績や、アフターケアについてなど抜かりないようにしましょう。
価格などについても改めて、広告などとの差異など、詳細にわたって説明を受けましょう。
これをやるかやらないかによって、セルライト除去の仕上がりや、金銭的なトラブルが回避できるのです。

クリニック選びで失敗しないために~事前にチェック編~

セルライト除去を依頼する場合、場所選びは重要な要素となります。
場所選びに失敗した挙句に、高額な治療費とともに、体に消えない傷が残っては大変です。
広告、口コミ、電話問い合わせ、3つの視点から最良の治療をしてくれるところを選びましょう。

広告の表現に注目!

雑誌広告
雑誌やフリーペーパー、インターネットで目にする広告は、店舗を見極めるための材料として、とても有効です。

派手なうたい文句に注意

派手なうたい文句を使っているかということに注意しましょう。
紙媒体ではそうした表現に対する規制があります。
まだ十分に規制の対象となっていないネット広告においても、過剰なものについては信ぴょう性が疑われます

その他の注意点

  • ビフォー・アフターの写真があまりに大きい
  • 料金などの表記が不明瞭

悪い口コミに注目!

ネットの口コミサイトでユーザーの声をチェックしましょう。
悪い口コミを中心にチェックしましょう。
技術的、設備的にどんな感じで、どうダメなのかをしっかりと書いているものはある程度信用できるでしょう。
そうした声があまりにも多い場合には、店舗の中で改善が図られる場合もあります。

過剰にほめるいい口コミにも注意

過剰にほめている口コミは、場合によってはクリニックによる自作自演である可能性もあります。
どれだけ具体的かを基準に、出来るだけ多くのサイトを比較検討してみましょう。

電話で直接聞き込みをしてみよう

利用してみようかな、と考えている店舗やクリニックに直接電話で問い合わせをしてみましょう。
せっかくの生の声が聞けるチャンスなので、しっかり事前の下調べをして収穫を得ましょう。

スタッフの対応に注目

電話問い合わせ>
電話口に出たスタッフの対応が不親切であったり、無知であったりするようなら、不信感が生じます。
「担当者が不在」などという返答などは、問題外です。