作成者別アーカイブ: webassist

インディバって?

インディバとは、電磁波のエネルギーを利用した高周波の医療機器のことです。
電磁波エネルギーを利用することによって、人体の各組織に熱を発生させ、体の深い部分まで温めます。
体の深い部分まで温めることによって、さまざまな効果が期待できます。

複数の効果が期待できる!

体の深い部分まで温めることができるため、いろいろな効果が期待できます。

  • 血行促進
  • 脂肪の活性化=脂肪の燃焼
  • 代謝を促進
  • 自律神経の調整

ケガの予防や早期回復を可能にすることから、欧州ではトップ選手も活用しています。

具体的な方法は?

使用方法は金属の板のようなものを体につけ、さらに専用のマッサージクリームを塗ります。
そこで、徐々に加熱するにしたがってマッサージをしていくイメージです。

スマートリポって?

スマートリポはレーザーによってセルライトを溶かす方法です。
脂肪組織に直接、スマートリポレーザーを照射します。
局部麻酔をするので痛みはなく、セルライト除去後の腫れや痛みといった症状はほとんどありません。

具体的にどのように治療は進むの?

スマートリポはレーザーによってセルライトを溶かす方法です。
スマートリポ1回でのセルライト除去にかかる時間は約10です。
麻酔を使用するために、一度にできる施術は2か所までと決められています。
レーザーを照射することによって溶け出したセルライトは、3~4カ月かけてゆっくりと体の内部に吸収されます。

メリットとデメリット

皮膚の浅い所の脂肪を溶かすのには抜群の効果を発揮します。
しかし、皮膚の深い所の脂肪にはほとんど効果がありません。
その為、深い部分の脂肪を取るためにほかの治療方法と組み合わせるクリニックもあるようです。

メソセラピーって?

セルライトが気になる部分に、脂肪を溶かす成分を注入する方法です。
脂肪を溶かす薬を脂肪組織に注入することにより、脂肪を溶かしてしまいます。
少し怖い気がするかもしれませんが、先進国では美容医療として認められているものです。

具体的な効果は?

脂肪を溶かすための薬を脂肪組織に注入することにより、脂肪を溶かすことができます。
1回の注射で、およそ手のひら2枚分の脂肪が溶けていきます。
2週間に1回のペースで数回行えば、「セルライトがなくなっている」効果を実感することができるでしょう。
ちなみに、溶け出た脂肪は、不要物として汗や尿から体の外に排出されます。
しかし、脂肪のタイプによってはあまり効果がみられない場合もあります。
そのため事前にしっかりとカウンセリングを受け、自分にこの治療法があっているのかを確認しましょう。

副作用は?

注射後に、筋肉痛に似た傷みが生じたり、あざになる場合があります。
しかし、数日で消滅し、後になることはないので、後遺症を心配する必要はありません。

カーボメットって?

炭酸ガスを使って脂肪細胞を除去する美容術です。
セルライトが気になる部分に炭酸ガスを注入することにより、血液中の酸素の量を増やして新陳代謝を促し、セルライトの分解につなげます。
施術を受けるにあたっては、クリニックの医師のレベルや実績などを十分に調べましょう。

メリット:高い安全性

炭酸ガスを注入し、血液中の酸素の量を冷やすため、怖い印象を受けるかもしれません。
しかし、カーボメットはもともと動脈硬化やリウマチなどの治療に使われていたので、高い安全性を持っています。
メスを使うわけではないため、それほど大きな傷が残らないのも魅力です。

デメリット:体に傷を付ける

炭酸ガスを注入するときには注射を使いますので、痛みます
メスは使いませんが、体に傷をつけることに変わりはありません。
ただ、現在の美容整形の技術は進歩しており、傷跡がほとんど残らないようにすることが可能です。
また、効果が表れるまでに時間がかかり、10回は通院しなければいけません。

エンダモロジーって?

メスを使わない脂肪吸引だといわれています。
機械によって皮下脂肪をマッサージしたり、吸引したり揉みほぐしたりして、セルライトを物理的に破壊していくイメージです。
エンダモロジーでは、徐々に脂肪をもやし、同時に皮膚の表面をきれいにしていきます。

傷ができない

自宅ではできないレベルのマッサージを集中的に行いつつ、少しづつ着実に脂肪を燃やし、セルライトを消していきます。
1度や2度で効果が出るものではないので、まとまった回数が必要になります。
1回の治療時間は約35分、それを週に1.2回程度行います。
脂肪吸引は、一気に脂肪を吸い出します。
しかし、エンダモロジーでは、徐々に脂肪を燃やし、同時に皮膚の表面もきれいにしていくので、仕上がりは自然に近く、なめらかになります。

気をつけておくべきこと

施術期間に暴飲暴食をしたり、運動を怠っていれば、効果は期待できません。
そもそも、脂肪は刺激してもなくなるわけではなく、あくまでも血行が促進されることで代謝がよくなり、脂肪が燃えやすくなるだけです。
その点を間違えないようにしましょう。

セルライトの脂肪吸引って?

4-1.脂肪吸引セルライトの原因である脂肪を吸い取ってしまう方法です。
すぐに外見が変わるのが大きなメリットです。
また、脂肪を取り去るので、術後のリバウンドもありません。
反対にデメリットとして、体にキスをつけるため、様々なリスクが伴うということがあります。

メリット

  • 一気に脂肪を取り去るため、効果がすぐに実感できる
  • 術後のリバウンドがない
  • 技術の進歩により、より精度の高い吸引が可能

デメリット

  • 体に傷をつけるため、様々なリスクがある
  • ほかのセルライト除去手術に比べ、時間がかかる(吸引量にもよるが、4時間以上かかる場合も)

施術を決めるまでに

施術を決める前に、事前に慎重にチェックしましょう。
特にクリニックの施術実績、施術者の実績、事前説明の丁寧さなどを参考にしましょう。

セルライト予防のための運動

セルライトができる原因の1つとして運動不足が挙げられます。
これは、運動不足により血行不良や新陳代謝の機能低下などが起こり、脂肪がたまって燃焼されないことからセルライトが作られる環境を作ってしまっているためです。
セルライトを予防するために、適度な運動でセルライトを作らない環境を作りましょう。

理想的な運動

セルライト予防に有効なのは、有酸素運動です。
有酸素運動とは酸素を消費し、十分な呼吸をしながらできる運動のことです。
代表的なものに、ウォーキングやジョギングがあります。
中でも、新陳代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすいのはウォーキングです。ウォーキング
1分間の心拍数が100程度で、じんわりと汗をかく程度の運動を約30分間行うことが最も効果的です。

なかなか運動が続かない

セルライトの予防に限らず、ダイエットなどでも食生活の改善ほどには、運動をしない人がいるかもしれません。
日々の仕事や家事に忙しく、運動を続ける時間がないという人もいるでしょう。
しかし、セルライトに限らず、運動不足は生活習慣病の原因にもなります。
通勤時間や通学時間を利用して、ちょっとしっところでなるべく歩くようにしましょう。

セルライトを解消するための正しい食事とは?

セルライトを解消するために食生活を正すことはとても重要です。
その中でも、心に留めておきたいことが3点あります。

  • 1つ目は、1日3食規則正しい食事をとることです。
  • 2つ目は、基礎代謝を上げる食材を食事の中に取り入れることです。
  • 3つ目は、ゆっくりとよく噛んで食べることです。

1日3食の食事を

食事をとると太ってしまうという考えは間違いで、きちんと食事をとることがセルライトの改善につながるのです。
主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物などのバランスの取れた食事をとることで、代謝がアップするのです。
反対に、食事を抜いてしまうことでストレスがたまることになり、それがセルライトを発生させてしまうのです。

基礎代謝を上げる食材を

普段の食事の中に、基礎代謝を上げる効果のある食材を使ってみましょう。
代謝を上げることで太りにくく痩せやすい体を作ることができます。
また、体にたまった老廃物の排出もスムーズに行えるようになります。
血液やリンパの流れもよくなるのでセルライトの改善に効果的です。

  • ビタミンB群・・・豚肉、ウナギ、レバー、牛乳など
  • タンパク質・・・肉類、魚類、大豆、卵、乳製品
  • カプサイシン・・・唐辛子、キムチなど

ゆっくりよくかんで食べましょう

良くかまないままに飲み込んでしまっては、太ってしまう一方です。
良くかむことによって、脳が満腹を感じることができるため、余分なカロリーを摂らずに済みます。
また、食べる前に水を飲み、かむ回数を普段よりも10回増やすだけでも効果があります。

セルライトの原因に合わせた食材を!

セルライトを改善するために、セルライトの原因となる5大症状に合わせた食材を生活の中に取り入れましょう。
セルライトの原因となる5つとは、むくみ、血液やリンパの悪い循環、冷え、ホルモンバランスの乱れ、老廃物の滞りです。

むくみ解消に効果的な食材とは?

むくみの解消には水分を排出する機能を高め、塩分を体外に排出する効果がある食材がいいでしょう。
それはカリウムです。
カリウムにビタミンB1やたんぱく質を合わせて摂ることで、余分な水分が体内にとどまることを防いでくれます。
また、塩分の取りすぎもむくみの原因と考えられます。
普段の食生活で心当たりのある人は気を付けましょう。

食材

  • ジャガイモ
  • インゲン豆
  • トマト
  • きゅうり
  • アボカド
  • バナナ、など

血液やリンパの流れを正す食材とは?

血液の中の善玉コレステロールを増やして血液が固まることを防ぎます。
それと同時に、活性酸素を減らして血液をサラサラに保つことが大切です。
抗酸化成分が含まれる緑色や黄色の野菜、ポリフェノールが含まれている食材がお勧めです。

セルライトを小さくする方法って?

セルライトは簡単には消えません。
セルライトは不要なものを流す代謝が落ち、むくんで老廃物が溜まることからできてしまいます。
できてしまったセルライトを完全に消すには、機械を使った施術やレーザー治療が一番効果的です。
しかし、最小限に小さくすることができます。

その1:代謝を良くする

血行不良を改善するためにますは運動をしたり、マッサージをしたり、入浴で血行を良くすることに努めましょう。
そして、代謝を上げていきましょう。

その2:保湿

乾燥しているとセルライトが目立ってしまいます。
まずは保湿をこまめに行いましょう。

その3:加工食品や塩分の取りすぎは控える

水を多く飲み、生野菜やフルーツ、全粒粉の食品を中心にするといいいです。
消化不良を起こしやすい加工食品や、むくみを引き起こす塩分の取りすぎには注意しましょう。

その4:簡単!セルライトパック

材料

  • コーヒーの出し殻・・・2カップ
  • ペパーミントティーの茶葉・・・大さじ1
  • アマニ油・・・大さじ3
  • ヘモロイドクリーム・・・1カップ
  • コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼の効果があり、へもロイドクリームはむくみを抑える効果があります。

作り方&使い方

材料をすべて混ぜ合わせて、太ももなどセルライトの気になる部分に乗せ、ラップで巻いて、その上から包帯を巻きます。
15分ほど置いたらシャワーに入って、ぬるま湯で洗い流しましょう。