ダウンタイムはどれくらい必要か?

Q:質問

セルライトの除去の施術を考えていますが、ダウンタイムはどのくらい必要でしょうか。
仕事にすぐに復帰したいと考えています。

A:答え

セルライト除去のための脂肪吸引後は腫れやむくみが残ったり、内出血や筋肉痛のような痛みが出たりすることがあります。
ダウンタイムの期間は、施術の方法や部分、範囲によって異なります。
また、医師の技術力の差でも異なるので一概に期間を明言することはできません。

解説

ダウンタイムを短くするには?

圧迫する方法

ダウンタイムを短くするために術後は包帯で、翌日からはストッキングのようなもので圧迫をしていきます。
圧迫することで、腫れや痛みを和らげてむくみをとる効果をもたらします。
医師から指示された圧迫時間を守るようにしましょう。

ボディジェットという方法

ボディジェットは短いダウンタイムで済む施術方法です。
ボディジェットは、水流の力で脂肪細胞を周辺組織から分離させて脂肪球威を行う方法です。
少ない吸引力で脂肪吸引をすることができるので、患者の体に負担をかけず従来の手術よりも早く回復することができます。
狭い範囲の脂肪吸引なら、腫れや痛みも少ないでしょう。
施術時間も1部位あたり約1時間弱です。

ダウンタイムとは?

セルライト除去に限らず、施術の後、普段の生活を送れるようになるまで回復する時間のことをダウンタイムといいます。
デスクワークのような仕事なら翌日から仕事に復帰することも可能でしょう。
ただし、激しい運動は避けましょう。